お参り

無常
お墓参りではどうして生花を手向けるのでしょうか?と聞かれ即答できる方は少ないと思います。生花を墓前に手向ける意味は故人の為はもちろん、自分自身の為でもあるのです。いつでも心豊かに日々を過ごす為に心に綺麗な花を咲かせ続ける事が大事なのです。

お参り

真夏の太陽
夏はお墓参りの季節とも言えます。7月盆に8月盆、秋のお彼岸もありますのでこの時期お墓参りに行かれる方は多いと思います。そんな真夏のお墓参りでは温暖な他の季節とは違って用意すべきものがいろいろありますので、真夏のお墓参りに必要な物を一覧にして ...

お参り

お墓参り代行
お墓参りに行きたくても行けない高齢者がお墓参を代わりに行ってくれるお墓参り代行のニーズが増えています。遠い、忙しい、身体の調子が悪いなどの理由から依頼される方が年々増加しています。お墓参り代行と言っても特別な資格等ありませんのでずぶの素人の ...

お参り

花は美しい
お墓参り用の花には色々な種類がありますが中にはふさわしくないタブーとされる花の種類があります。それを知らずに親戚の前で活けたら何を言われるかわかりません。一般的に言われているふさわしくない墓前花とふさわしい墓前花の種類とは?

お参り

お墓参り作法
お墓参り作法の基本はそれぞれ地方によって違いますので一概にこれが正解というものはありません。地域だけでなくその家庭、その個人によっても違いますので、それらの作法に則ってお参りされるのが一番なのではないでしょうか。しかしお参りではこれはやらな ...

お参り

感謝の気持ち
お墓参りの基本は思い立ったらすぐに行くのが基本です。何故ならお墓参りとは御先祖様に感謝の気持ちを伝える場であるからです。最近の霊園は生花もお線香もいつでも買えるところが多くなっていますので、身軽に行きましょう。

お参り

お彼岸
日本のお墓参りの伝統的文化として年2回春分の日と秋分の日のお彼岸があります。普段お墓参りに行けない方でもお彼岸だけはお墓参りに行かれる方は多いのではないでしょうか。お彼岸のお墓参りにはいつ、どこに、何を持って、どの様な心で御先祖様に向き合え ...

お参り

思い遣り
お彼岸は先祖供養の期間と思われている方が多いようですが、先祖供養の他に六波羅密の修行を行う期間とされています。その中の一つの布施には財を施すという意味もありますがなにもそれだけではなく無財の七施というものがあります。財が無くても智力が無くて ...

お参り

実家に贈り物

日本独特の文化として春と秋の年2回お彼岸があります。

お彼岸はそれぞれ春分の日と秋分の日にあたりますので、真東から昇った太陽が真西に沈むことで、西にある遥か彼方の彼岸におられるご先祖様を偲びます。

...

お参り

ライター固い
お墓参りの中で最も困ってしまう事は「お線香に火が付かない」ことです。一本や二本であればマッチでもロウソクでも100円ライターでも付ける事が出来ますが、お線香の束となると時間もかかるし、火が消える事もあります。しかも一番手軽なはずの100円ラ ...