過去帳の記入例と位牌との違い、お布施額は?

スポンサーリンク

どなたかがお亡くなりになるとまずは葬儀の手配、お墓の用意そして仏壇関係の用意をする必要があります。

宗派によっては四十九日までに本位牌を用意する必要があります。

浄土真宗は位牌は作らないと聞いたけど

曹洞宗だけど過去帳作っていいの?

自分で書いていいもの?

そもそも過去帳って何?

など疑問をお持ちの方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

過去帳の記入例と位牌との違い、お布施額は?

の記事をご覧いただきありがとうございます。

管理人のセイクredと申します。この記事では

過去帳とは

過去帳の書き方

過去帳は位牌の代わり?

過去帳は誰が書く?

過去帳の種類

以上の内容となっておりますので、過去帳に対する知識を深めていただければと思います。

過去帳とは

過去帳
過去帳とは過去から現在までの故人の戒名(法名)や没年月日、没年、俗名などを記す帳簿の様な役目を持っています。

江戸時代には寺請制度により民衆はいずれかの寺の檀家になる事が義務付けられ、現在の戸籍にあたる台帳を作りお寺が役所の役目も担っていました。その名残としてお寺には過去帳というものがあります。

累代からの各家の情報が記されている事から先祖代々の家系図を調べる事が出来る為、近親者を装い身辺調査に悪用される事例があり現在では個人情報保護の観点から閲覧出来ない寺院が多いようです。

そして過去帳には個人用の仏壇用の物も過去帳又は過去帖と呼ばれます。

過去帳の書き方

書き方
仏壇用の過去帳にはその家の累代のご先祖様の戒名(法名)没年月日、没年、俗名を記入します。

過去帳には日付無の物と日付有のものがあり、日付有の物は1日から31日までページがあり、亡くなった日付のページに記入します。

1ページには12行くらいあり、大体1名3行くらい使用して記入します。そしてご先祖様の〇〇さんが1日にお亡くなりの場合は1日のページに記入し、別の方の命日も1日の場合は1日のページの〇〇さんの隣に記入します。このことにより累代のご先祖様の月命日がわかります。毎朝仏壇に向かう際に過去帳をめくると

「ああ、今日はおじいちゃんの月命日なのね」

とすぐ分かる便利なものなのです。
過去帳例
              画像引用元 インテリア仏壇 ルミエール

過去帳は位牌の代わり?

魂
一般的には位牌の代わりの意味合いを持つとされていますが、宗派によってその使い方には微妙な違いがあります。

浄土真宗は基本教義上お位牌は作りません。なぜなら御位牌は仏教とは関係の無いものであり、他宗派のように位牌に入魂するなどと言う考え方が無いからです。

その為浄土真宗にとって過去帳はあくまでも魂が宿った仏具でも礼拝の対象でもないというものです。

浄土真宗以外の宗派ですと葬儀の際、仮の位牌の白木から中陰明けの際、本位牌に魂を移し替えます。

位牌には魂が宿っているものであるから仏壇内に安置し礼拝の対象となります。

つまり過去帳はあくまでも家系図としての意味合いが強いのに対し、位牌は故人の魂そのものがこめられているという違いです。

仏壇の大きさは限りがありますので、古い位牌は置き切れなくなってしまいます。そのような場合には過去帳に記入したうえで位牌をお炊き上げします。

これにより後世の代に引き継がれ末代までご先祖様を大事に想う事にもつながってゆきます。

過去帳は誰が書く?

過去帳に記入する事を揮毫(きごう)といい通常はご住職様に書いていただくのが一般的なのですが、中には

「過去帳は自分で書くもの」

又は

「故人と一番縁のある方に書いてもらうのが一番です」

と言われる方もいらっしゃいます。

故人と縁のある方に揮毫してもらった方が心がこもって供養にもなるという事ですが、よほどの達筆の方以外は止めた方がいいと思います。何故なら慣れない方が書くと自分が思っているような字が書けなかったり、滲んだりしてしまう場合があるからです。

実際にあったケースです。

法要当日、過去帳への揮毫を忘れていた施主の近くにいた親類の方が、「私に任せろ」と故人の法名、没年月日、没年、俗名を書いたのですが、字はにじみ、文字自体も子供が書いたような字で施主さんの顔はひきつっていました。

後日その施主さんがいらっしゃって、御用件をお聞きすると過去帳を新たに作り直したいとのご相談でした。

親戚に書いてもらった字があまりにも変だったことからきちんとご住職様に揮毫していただきたいとの事でした。

「私に任せろなんて言うから任せたけどあの自信であの字はないわよね」と笑っていましたが、二度手間になってしまったようです。

お寺のご住職様は普段から筆を使って何かを書くことが多く、書を書くことも修行のひとつでもあるので字がキレイな方がほとんどなので後世まで残る資料として大事にしたいのであればご住職様にきちっと揮毫していただいた方がよろしいかと思います。

過去帳記入のお布施額は

これはそれぞれのお寺さんによって違います。

戒名(法名)をご住職様に付けていただいた場合は大体過去帳への揮毫もしていただけると思います。
過去帳の移し替えなど法要と関係ない場合にご住職様へ揮毫を依頼される場合のお布施は¥5,000も包めば十分なのではないでしょうか。

過去帳の種類

過去帳の作りは大きく分けて錦金襴タイプと黒檀・紫檀などの木表紙の2タイプがあります。

値段的には錦金襴の方が安くてよいのですが、長期間使い続けていると表紙がほつれたり汚れたりしてくる場合がありますので、長い目で見れば黒檀・紫檀などの木表紙タイプの方が長持ちしますので後世まで伝えたいのであればこちらをおすすめいたします。

そして桜や紅葉などの蒔絵付の物もありますので、きっとお好みのものがあるはずです。

過去帳には見台が必要

過去帳だけ購入しても過去帳を開く台がないとなんともおさまりが悪くなりますので、過去帳には必ず過去帳を開く為の台「見台」も同時に用意しましょう。

見台は過去帳の必要ページを開く為の押さえと、仏壇に向かい合った時に見やすく角度が付いている物になります。この見台も過去帳同様に様々な素材がありますので過去帳のイメージに合った物を選ばれるのが良いでしょう。

以上がこの記事でお伝えしたかった事となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。


PAGE TOP