納骨

すでに埋葬済みの遺骨の一部を別の場所に移す事を分骨と言います。字のごとく骨を分けることです。この分骨の際は分骨証明というものが分骨先で必要となりますので、その分骨証明の手続き方法を解説いたします。

納骨

分骨はよくない?昔から遺骨は分骨するものじゃない!と言われていました。しかしそれはよくある迷信であり、根拠の無いことなのです。分骨はよくない!と言う事自体ナンセンスであることの理由5つをあげてみました。

文字

墓石裏の建立者彫刻では多々意味が解らない事が多いようです。建立者名はどうして朱文字?仝って読めませんけど、建之はなんと読む?など疑問に思われている方は多いのではないでしょうか?

墓石

墓石には五供の内の一つである、水をお供えする場所があります。それが水鉢です。しかしこの水鉢の微妙な形状から、使用方法を誤って使用している方が多いのです。使用方法を間違えずに正しい方法でご先祖様を御供養いたしましょう。

文字

納骨の際は墓石に戒名彫刻を彫った上で行いたいものです。しかし気になるのが戒名彫刻にかかる費用なのではないでしょうか。文字数が少ないとそれほど費用は掛からない?いえそれは違います。墓石への戒名彫刻は一文字いくらではなく一名いくらとなっています ...

納骨

納骨式では「平服で結構ですよ」と言われることがありますが、平服とは一体どこまでの事をいうのでしょうか?それを額面通り受け取ると恥ずかしい事にもなります。納骨式での常識的な服装とは正喪服ではなく準喪服や略式喪服の方が好ましい場合が多いのです。 ...

納骨

お墓などに遺骨を納める事を納骨と言います。納骨はいつ、どの時期に納骨すればいいのでしょうか。一般的には満中陰の四十九日に行う場合が多いようですが、特に決まりはありません。

改葬

改葬許可申請書は正しい順序で事を進めていった上でないと、トラブルの元になってしまいます。改葬許可申請書の正しい書き方と正しい進め方で行えばスムースに運ぶことが出来ます。

墓石

墓石の石材には色々な色や種類があります。国産から外国産まで他種多様の石材の中から、墓石建立の際を選ばなくてはならないのです。石材産地の特徴を理解し墓石建墓の際に参考にしていただければと思います。

霊園

寺院墓地には公営霊園や民営霊園とはちがい手厚く供養していただけるのが特徴で安心感があります。その反面、寺とのお付き合いが大変な所もあります。寺の本堂の修復などの寄付金が必要になったりします。又、寺院墓地では離壇料などのトラブルも中にはありま ...

PAGE TOP