改葬の理由は?正しい進め方で費用トラブルなどを回避

最近耳にする墓じまいという言葉。皆さんもどこかで聞いたことあるのではないでしょうか。

昔は墓じまいという言葉は無く改葬と言っており、微妙にニュアンスが違うのですが、最近ではこの墓じまいの方が一般的によく使われるようです。

意味合いとしては納骨されている遺骨を別の場所に移しお墓を取り壊す事を言います。

墓じまいの流れがわからない
改葬許可申請書って難しいの?
墓じまいを大手が手掛けているようだが?
墓じまいって費用が違うのはどうして?
寺墓地を改装する場合離壇料は必要?
墓じまい後、海へ散骨を考えている
墓じまいのトラブルでよくあること?
遠方で墓じまいに立ち会えない!

など改葬に関しての疑問をお持ちの方は非常に多いようです。

改葬の理由は?正しい進め方で費用トラブルなどを回避の記事をご覧いただきありがとうございます。管理人のセイクredです。

過去記事で改葬に関する記事をまとめてみましたので改葬をお考えの場合には理解を深め、ぬかりないよう事を進めたいものです。

スポンサーリンク

墓じまい(改葬)の全体像を把握し進める事が大事

墓じまいは年々増加しておりその勢いはとどまる事を知らないようです。一番多い理由としては遠方にあるお墓からもっと近くのお墓や納骨堂、永代供養墓などに移したいというものです。

それと共に多いのが跡継ぎ問題です。跡継ぎがいない、子どもが結婚していない、などお墓を今後継承していく者がいなくなるからという方も多いものです。

これら現在のお墓に納骨されている遺骨を別の場所に移したりする場合には勝手に遺骨を移動することは出来ず、公的機関のお墨付きが必要となります。

これら遺骨の移動に関する全体的な流れを把握する事が大切になります。

墓じまいには改葬許可申請書を提出する

今あるお墓に遺骨が埋葬されている場合、その遺骨を受け入れる次の場所が決まりしだい改葬許可申請書を入手する必要があります。

一般的に改葬の手続きは難しく大変だという声も聞きますがそんなことはありません。正しい順番で進めていけばそれほど難しいものではありません。

縦割り行政のおかげで全ての市町村では公的書類がまちまちなので、必ず今お墓がある市町村役場の改葬許可申請書が必要になります。

あなたがお住まいの市町村役場ではありません

ここを間違わなければ後はそれほど難しいことは何もありません。

スポンサーリンク

墓じまいは年々増加しており大手も墓じまいに進出

増加の一途をたどる墓じまいでは異業種からの参入も増えており食品流通の大手イオンも参入しています。イオンではイオンライフという葬祭関係の部門があり葬儀、海洋散骨、永代供養など手がけそのうちの一つが墓じまいです。

その他定額葬儀でおなじみの小さなお葬式なども墓じまいに参入するなど墓じまいは群雄割拠の様相を呈しています。

寺院墓地や民営霊園ですと指定石材店制度がありますのでこれらから墓じまいの見積もりを取ることは出来ませんが、公営霊園などでしたらどこでも墓じまいできますので、まずは色々な所から見積もりを取って比較検討する事が大事になります。


同じ広さでも墓じまい費用が違うのは何故?

墓じまい費用でネットで調べてみたら安く出来るようですが実際見積もりを取ってみるとずいぶん高くなっている事はよくある事です。

お墓の作りは日本全国全て同じではないのです。

火葬の際関東では全骨収骨ですが、関西では部分収骨が一般的ですので遺骨の量がそもそも違います。その為納骨方法が違いお墓の造りも全く違ってくるのです。

同じ広さでもその造りが違っていますので同じ広さ=同じ墓じまい費用とはなりません。

寺墓地から改葬する場合離壇料は必要?

公営霊園や民間霊園から改葬する場合はさほど面倒な事にはなりませんが寺院墓地から改葬する場合は違ってきます。

寺院墓地から出ると言う事は離壇いわゆる檀家ではなくなる事を意味します。寺院は檀家さんの力で成り立っており本堂などの改修の場合には檀家さんの寄付などにより可能となってきますので檀家さんが減ることは寺院の死活問題となります。

ごく一部の寺院では離壇の場合離壇料を請求される場合があるようですが支払う義務はあるのでしょうか?

墓じまい後海への散骨を考えているが・・

墓じまい後の遺骨の行き先には色々あり、最近話題によくなるのが散骨です。特に洋上で行われる海洋散骨は有名芸能人が行ったなどの理由で人気があるようです。

しかし海洋散骨は陸上散骨とはちがい法の整備がされていませんので合法とも違法ともいえないグレーゾーンなのです。

今後何らかの法整備を行わなくては違法投棄などの諸問題が発生するとも言われています。

お墓とは違い明るく開放的なイメージがある一方、礼拝対象が無いなど残された方の心の問題もあります。

墓じまいトラブルは離壇料だけではありません

墓じまいには色々なトラブルがつきものです。離壇問題に墓じまい費用の問題そして以外にも多いのがお墓の造りで思わぬ問題が出てしまうのが連結墓所です。

現在は少ないようですが昔は結構あり、代替わりでトラブルになる事があります。

遠方の墓じまいでも遺骨を郵送してくれる?

墓じまいを決断したら通常は、実際遺骨出しに立ち会いその遺骨を受け取り次に納めるべき場所に自分の手で持って行くものです。

しかし高齢、身寄りがない、身体の調子が悪いなどの理由から遺骨出しに立ち会えない方もいらっしゃいます。

そんな時には出していただいた遺骨を自宅又は次納骨すべき所へ郵送する事が出来ます。

それは日本郵便です。同じ運送会社でも佐川急便やヤマト運輸などは拒否対象なので送ることは出来ませんので注意が必要です。

スポンサーリンク