霊園

使用規則
霊園を契約の際は必ずその霊園の使用規則と言うものがあります。本来ならば委細をよく確認しなくてはならないのですが文字が細かく難しい文言が並んでいる為、あまり見ずにそのままにしている方が多いのではないでしょうか。そこで出来るだけよくある霊園規則 ...

改葬

連結墓所注意
近年墓じまいが増えています。お墓からお墓へ、お墓から散骨、お墓から永代供養墓、お墓から納骨堂などへ遺骨を移す事を墓じまい(改葬)と言います。墓じまいには現在ある墓石を撤去処分する必要がありますが、寺院とのトラブルや石材店とのトラブルや親類間 ...

文字

寄生蜂
墓石文字には時折ドロの様なものが詰まっていることがあります。それは蜂の巣でドロバチと呼ばれる種の巣なのです。ドロバチは単独で巣営をする蜂で巣の中には卵と孵化後のエサとなる芋虫を入れ出入り口を塞ぎます。やがて孵化した成虫は外へ飛び出すのですが ...

雑草

砂利
お墓になくてはならないものと言えば砂利です。この砂利には雑草防止や見栄えやぬかるみ防止などの効果がありますが、年々砂利は少なくなって行きます。それは土に潜り込んでしまうために少なくなっているように見えるだけなのです。土に潜り込んでしまうメカ ...

納骨

猫の手も借りたい
お彼岸期間中は納骨式や法要が出来ない霊園や寺院がほとんどです。それはお坊さん都合と霊園都合です。お坊さんも忙しくて檀家さんまわりで手一杯ですし、霊園はお彼岸は一年で最もお参りが多い時期となりますので、法事法要は受けれないためです。四十九日が ...

納骨

靴
葬儀などの忌事では服装などのマナーには気を付けたいものです。慶事とは違い忌事では遺族の心情を考慮したものを身に着ける必要があります。しかし葬儀と違い納骨式は屋外で行うものになりますので、一般的な靴では逆に非常識になる場合もあります。そんな納 ...

納骨

おもてなし
通常は四十九日法要の際に納骨も行う事が多いようです。したがって通夜葬儀が済んだあとのもう一つの大きなイベントとなりますので、抜かりなく行いたいものです。納骨式で最も都合の良い時間帯はいつになるのでしょうか?そして納骨式において注意したいのが ...

お参り

花見渋滞

2017年のお彼岸期間は春が3月17日彼岸入り、3月20日お中日、3月23日彼岸明け。秋は9月20日彼岸入り、9月23日お中日、9月26日彼岸明けと一年で2回あるお墓参りのイベントです。その為多くのお参り客がこの時期集中してお墓参りに行くた ...

お参り

御先祖様
お彼岸とお盆って同じもの?お彼岸にもご先祖様が帰ってくるものだよね?などお彼岸とお盆を混同している方は多いのではないでしょうか?お彼岸とお盆の違いを解説してみました。

お参り

らくがん
お彼岸のお供えのお菓子と言えばぼたもちやおはぎを思い浮かべる方がほとんどなのではないでしょうか?しかしお供え物と言えば落雁も忘れてはいけませんが、イマイチおはぎやぼたもちに比べマイナー感がします。しかし落雁は日本三大銘菓に選ばれているほど実 ...

PAGE TOP