雑草

砂利
お墓になくてはならないものと言えば砂利です。この砂利には雑草防止や見栄えやぬかるみ防止などの効果がありますが、年々砂利は少なくなって行きます。それは土に潜り込んでしまうために少なくなっているように見えるだけなのです。土に潜り込んでしまうメカ ...

納骨

猫の手も借りたい
お彼岸期間中は納骨式や法要が出来ない霊園や寺院がほとんどです。それはお坊さん都合と霊園都合です。お坊さんも忙しくて檀家さんまわりで手一杯ですし、霊園はお彼岸は一年で最もお参りが多い時期となりますので、法事法要は受けれないためです。四十九日が ...

納骨

靴
葬儀などの忌事では服装などのマナーには気を付けたいものです。慶事とは違い忌事では遺族の心情を考慮したものを身に着ける必要があります。しかし葬儀と違い納骨式は屋外で行うものになりますので、一般的な靴では逆に非常識になる場合もあります。そんな納 ...

納骨

おもてなし
通常は四十九日法要の際に納骨も行う事が多いようです。したがって通夜葬儀が済んだあとのもう一つの大きなイベントとなりますので、抜かりなく行いたいものです。納骨式で最も都合の良い時間帯はいつになるのでしょうか?そして納骨式において注意したいのが ...

お参り

花見渋滞

2017年のお彼岸期間は春が3月17日彼岸入り、3月20日お中日、3月23日彼岸明け。秋は9月20日彼岸入り、9月23日お中日、9月26日彼岸明けと一年で2回あるお墓参りのイベントです。その為多くのお参り客がこの時期集中してお墓参りに行くた ...

お参り

御先祖様
お彼岸とお盆って同じもの?お彼岸にもご先祖様が帰ってくるものだよね?などお彼岸とお盆を混同している方は多いのではないでしょうか?お彼岸とお盆の違いを解説してみました。

お参り

らくがん
お彼岸のお供えのお菓子と言えばぼたもちやおはぎを思い浮かべる方がほとんどなのではないでしょうか?しかしお供え物と言えば落雁も忘れてはいけませんが、イマイチおはぎやぼたもちに比べマイナー感がします。しかし落雁は日本三大銘菓に選ばれているほど実 ...

お参り

修行
日本独特の風習として年2回お彼岸があります春分の日の前後3日の期間が春のお彼岸、秋分の日の前後3日が秋のお彼岸です。でも一体何故この期間にお墓参りに行くのでしょうか?何となくそういうものだからと思われている方は多いのではないでしょうか。お彼 ...

永代供養

ビル街の納骨堂
近年増加しているのが墓じまいですが、墓じまい後の遺骨の行先には悩むものです。少子高齢化の影響からお墓を維持する事が難しくなっているこの時代御先祖様の行先、自分達の行先をどのようにすればいいのでしょうか?現在では納骨方法の多様化で納骨堂、永代 ...

お参り

お正月

お正月にお墓参りするのは縁起が悪い事なのでしょうか?正月は帰省で離ればなれのなっていた家族、親戚、兄弟が集まる数少ない期間です。親戚一同集まったらご先祖様にご挨拶するお墓参りに行くことはけっして悪いことでもなく縁起が悪いことでもありません。 ...

PAGE TOP