お彼岸渋滞を避けお墓参りに行くのに確認すべきポイントとは?

2017-01-17

お彼岸には家族揃ってお参りを予定している方は多いかと思います。

でも気になるのがお彼岸渋滞ですよね。

霊園に行くまですごい渋滞・・・

霊園についたらついたで園内渋滞で車が止められない

子どもは飽きちゃうし・・

トイレに行きたい!

お参りに来たのにもうへとへと・・

などお彼岸のお参りで大渋滞にはまって疲れたという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

お彼岸渋滞を避けお墓参りに行くのに確認すべきポイントとは?

の記事をご覧いただきありがとうございます。管理人のセイクredです。

この記事では

お彼岸の期間

2018年秋彼岸のお参りで混むのが予想される日は?

渋滞になる霊園の特徴とは

以上の内容となっておりますので、お彼岸にお墓参りを予定している方は是非参考にして下さい。

目次

お彼岸の期間

春分の日をお中日とし前3日が彼岸入りで後3日が彼岸明けと呼ぶものを春彼岸

2018年は3月18日が彼岸入り3月21日がお中日3月24日が彼岸明け

秋分の日をお中日とし前3日が彼岸入りで後3日が彼岸明けと呼ぶものを秋彼岸

2018年は9月20日が彼岸入り9月23日がお中日9月26日が彼岸明けとなります

2018年秋彼岸のお参りで混むのが予想される日は?

9月カレンダー

  1. 一番混雑するのが23日日曜日のお中日
  2. 次が24日の月曜日
  3. 次が20日の彼岸入りの日と混雑予想しています。

23日はお中日であり日曜日ですのでこの日が一番混むはずです

逆に空いていると思われるのがお中日の後の25日、26日だと思われますので平日休みの方はこのタイミングでお墓参りに行かれた方が良いのかもしれませんね。

自宅から霊園までの渋滞情報を事前にチェック

日本道路交通情報センター
NEXCO東日本
NEXCO中日本
NEXCO西日本

出発前には渋滞情報をチェックするのを忘れずに行ってください。

場所によっては緊急の道路規制などがあるかもしれませんからね。

そして、カーナビのセットも忘れずにしていただきたいのですが、古いカーナビをお使いの方に是非試していただきたい事があります。

それは今や老いも若きもお持ちになっているスマホには様々なアプリがありますが中でも優秀なのが「Google Map」です。

私は今まで車にナビを付けたことが無く、それほど困ることはなかったのですが、「Google Map」には驚きでした。

「Google Map」は地図を見るだけではなくナビ機能もあり、その精度がかなり良いのです。到着時刻もほぼ誤差内ですし、間違ったルートを行ったとしてもすぐに代わりのルートを探し出してくれますし、当然渋滞情報もあります。おそらく使い勝手や精度は数年前のカーナビを凌いでいるものと思われます。

そして何よりカーナビは地図データを手動で更新する必要がありますが、「Google Map」は自宅のwifi環境でアップロード出来ますので常に最新データです。

古いカーナビでよくある

「あれーこんな新しい道路ナビにないよー!」なんてこともありませんので、古いカーナビをお使いの方は「Google Map」を使ってみてはいかがでしょうか?

渋滞の上、道を間違えてしまったら同乗者から大ブーイングになってしまいますからね。

霊園で一番混雑する時間帯は?

11時

これはズバリ

午前11時位から午後2時頃までが最もお参りの方が多い時間帯となります。

一般的に霊園でお参りしてから皆でお食事に行く、又はお食事の後にお墓参りにいらしゃる。
わけでこの時間帯が霊園内で混雑するのです。

その為、午前9時から10時位の早い時間でしたらそれほど混雑することなくお参りが出来ます。

又3時から4時にかけてもお参りは少なくなるのでねらい目ではありますが、本来お墓参りは午前中に行うのが基本と言われています。

でもこのお彼岸期間中は東から昇ったお日様が西に沈むことから西方浄土のご先祖様を想ってお参りするものですので、夕方に西に沈む太陽に想いを馳せながらお参りするのもいいのかもしれませんね。

渋滞になる霊園の特徴とは

車渋滞

駐車場が極小の都営霊園

都営霊園など大都市の中に存在する霊園では駐車場が壊滅的に少ない所が多い為、路上駐車を余儀なくされますが危険ですのでお彼岸中は是非電車をご利用いただきたいと思います。

都営霊園は駅から徒歩で行ける所がほとんどです。

霊園銀座

都内の寺院墓地や駅近くなどのアクセスが良い霊園などでは車を使ってお墓参りする人はほどほどなので、そんなに心配する必要はありませんが、問題は郊外型の大型霊園などです。

郊外型霊園は近隣に大型霊園が数か所隣接する霊園銀座と呼ばれる霊園密集地帯があることが多いので、乗用車の数が急増する事からお彼岸渋滞の原因となっているのです。

違法区画増設

そして条例では霊園の墓地区画数の5%以上は駐車場を確保してくださいというものがありますが、古い霊園では墓地区画を増設しても駐車場を増設していない場合もありますので、必然的に駐車場が足りなくなっている霊園もあり近隣の渋滞を助長してしまう場合もあるのです。

まとめ

  • 2018年秋彼岸で混む日は9月23日(日)のお中日
  • 混む時間帯は午前11時から午後2時頃
  • 空いている日は25日、26日
  • 空いている時間は午前9時から10時、又は午後3時以降

と思われますので、安全運転でお墓参りして日々成長している自分の姿を御先祖様に報告しましょう。

お墓のお掃除に関する記事です


お参りでまず初めにやらなくてはならないのが雑草や植木の処理ですよね

お彼岸のお供えに関する記事です

そもそもお彼岸の意味とは?

お墓参りに持っていくものは五供ですね

以上がこの記事で伝えたかった事となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

納骨難民の皆様お待たせしました!この「納骨墓」で永年の悩みが解消されます

近年は少子高齢化が進み跡継ぎ不在や遠方でお参りが出来ないなどからお墓の引っ越し(改葬)が増えています。

その受け入れ先として人気なのが駅近ので便利なビル型納骨墓と言われるものです。

しかしビル型納骨堂はいずれ建物の建て替えが必要となり永続性が求められるお墓としては問題があります。

又、新たにお墓が必要になった方々も様々な問題を抱えています。

・公営霊園の抽選にまた外れた!どうすればいい?
・都内の霊園は高過ぎて手が出ない
・現在のお墓は遠方過ぎて不便
・跡継ぎがいないから墓じまいを考えなくては・・・
・公営霊園は当選しないし、民営霊園は高いし、寺院墓地も高く亡くなった父を納骨する場所が無い
・散骨もビル型納骨堂も将来が不安
・お墓は諦めたので遺骨が自宅にある
・いずれ車の運転できなくなるから家近くにお墓が欲しい

今後高齢者が激増する中、多死社会となるのですが、お墓が欲しい者とお墓を供給する者の意識の相違から納骨したくても出来ない「納骨難民」が激増する事になります。


多くの納骨難民の方が思うお墓像は

出来るだけ安く

出来るだけ自宅近く

いつまでも安心できる

この3点なのです。

「そんな都合の良いものなんてある訳ない」

と思うかもしれませんが、

有ります!

納骨難民の切なる想いにお答えし、解決する方法が

「納骨墓」

です。

この「納骨墓」を選ぶ事により

・理想のお墓を求める事が出来スッキリ!
・お墓の悩みが解決できスッキリ!
・遠方に暮らす子供に負担をかける事が無くなりスッキリ!
・嫁に行った一人娘もこれで安心スッキリ!

詳しくは下記リンクをクリックしてください。
↓  ↓  ↓

リンクボタン


永年のお墓の悩みを解消する事が「納骨墓」で出来るはずです。