納骨

献体の意味をご存知でしょうか?
献体はその名の通り亡くなった自身の体を献上することによって医学の発展に貢献するものなのですが、近年の少子高齢化問題によってお墓の心配をしなくて済むとの間違った考えで登録されている方が増えているそ ...

納骨

死後離婚は近年急増しています。死後離婚は正式には婚姻関係終了届を市区町村に提出することを言います。
通常夫婦が死別したときには自動的に婚姻関係は終了するのですが、配偶者の親とは姻族関係が保たれたままになっていることから高齢化社 ...

納骨

戒名は無いといけないものなのでしょうか?
それは納骨場所によって違ってきます。公営霊園や民営霊園ではあっても無くても納骨できますが、寺院墓地は戒名が無いと納骨する事が出来ません。
それは寺院墓地にはその寺院で全ての儀式 ...

納骨

現代でもわずかにありますが、昔日本では人が亡くなるとお墓に埋める土葬が主でした。この土に埋めることを指し埋葬と言います。

対して現代ではほとんどが火葬となっており、ほとんどの霊園では火葬後の焼骨のみ受け入れる事が出来 ...

納骨

日本は今後人口が減り続けます。高齢者は増えるのに子供が増えないからです。お墓は代々継いでもらうものなのですが少子化が進み過ぎた現状お墓を買ってもしょうがないという声をよく聞きます。
納骨したいが継いでくれる者もいないし金銭的に ...

納骨

お彼岸期間中は納骨式や法要が出来ない霊園や寺院がほとんどです。
それはお坊さん都合と霊園都合です。
お坊さんも忙しくて檀家さんまわりで手一杯ですし、霊園はお彼岸は一年で最もお参りが多い時期となりますので、法事法要は受け ...

納骨

葬儀などの忌事では服装などのマナーには気を付けたいものです。
慶事とは違い忌事では遺族の心情を考慮したものを身に着ける必要があります。
しかし葬儀と違い納骨式は屋外で行うものになりますので、一般的な靴では逆に非常識にな ...

納骨

通常は四十九日法要の際に納骨も行う事が多いようです。
したがって通夜葬儀が済んだあとのもう一つの大きなイベントとなりますので、抜かりなく行いたいものです。
納骨式で最も都合の良い時間帯はいつになるのでしょうか?

納骨

キリスト教徒が少ない日本においてはキリスト教の納骨式に出席する機会は少ないのではないでしょうか。
その為信者ではない方がキリスト教の納骨式に出席する場合よくわからず不安になるものです。
しかし式自体にはきちんとしたプロ ...

納骨

昔のカレンダーや手帳には必ず大安や仏滅や友引などの六曜が記載されていましたが、近年では記載しないものも増えているようです。
この六曜とは一体何を表している物なのでしょうか?
そして葬儀や埋葬の際には六曜を気にする必要が ...