納骨

納骨式でお墓がある家庭では仏教だと四十九日、神道だと五十日に行う事が多いのですが、通夜・葬儀が終わったとしても一息ついている暇はありません。すぐに四十九日法要と納骨式の準備に取り掛からなくてはなりません。
段取り良くしないと四 ...

納骨

献体の意味をご存知でしょうか?
献体はその名の通り亡くなった自身の体を献上することによって医学の発展に貢献するものなのですが、近年の少子高齢化問題によってお墓の心配をしなくて済むとの間違った考えで登録されている方が増えているそ ...

納骨

戒名は無いといけないものなのでしょうか?
それは納骨場所によって違ってきます。公営霊園や民営霊園ではあっても無くても納骨できますが、寺院墓地は戒名が無いと納骨する事が出来ません。
それは寺院墓地にはその寺院で全ての儀式 ...

納骨

現代でもわずかにありますが、昔日本では人が亡くなるとお墓に埋める土葬が主でした。この土に埋めることを指し埋葬と言います。

対して現代ではほとんどが火葬となっており、ほとんどの霊園では火葬後の焼骨のみ受け入れる事が出来 ...

納骨

昔のカレンダーや手帳には必ず大安や仏滅や友引などの六曜が記載されていましたが、近年では記載しないものも増えているようです。
この六曜とは一体何を表している物なのでしょうか?
そして葬儀や埋葬の際には六曜を気にする必要が ...

納骨

お墓などに遺骨を納める事を納骨と言います。
納骨はいつ、どの時期に納骨すればいいのでしょうか。
一般的には満中陰の四十九日に行う場合が多いようですが、特に決まりはありません。