墓石の汚れる原因と対策を正しく理解しましょう

お墓参りの目的として大きな2つの意味があります。

一つ目はご先祖様や故人の冥福を祈る意味でのお参りと

二つ目がお墓をキレイに清掃するものです。

一年で数回しか訪れない場合には墓石の汚れが年々ひどくなっていると感じるのではないでしょうか。

又、1週間に数度お参りに訪れているにも関わらず、墓石表面が曇ってきていると思ったことはないでしょうか?

それは日頃のお掃除のやり方が原因かもしれません。

墓石の汚れる原因と対策を正しく理解しましょうの記事をご覧いただきありがとうございます。セイクredです。

この記事では墓石の日頃の正しいお手入れの仕方や注意すべき点など過去記事からまとめた物となります。

  • 墓石掃除でやってはいけない事
  • 墓石の水垢がひどくなる本当の原因

お墓参りの前には是非目と通していただければと思います。

目次

墓石掃除でやってはいけない事

驚き
お墓参りに行く場合はお線香や生花と共に持って行くのがお掃除道具となります。

お掃除道具はどの様な物を揃えればいいのでしょうか?

スーパーやホームセンターでは便利グッズとして墓石クリーナーなるものが色々出回っています。
墓石は花崗岩や安山岩や色の違いによりその性質は大きく違っていますので、全ての墓石が市販のクリーナーでキレイになる訳ではありません。むしろシミや着色や表面の曇りの原因となる場合もありますので、充分気を付けて事前にテストした上で使用する事が大事です。

お参りの際についついやってしまう事・・・後でシミになって取れなくなるなんてことも出てきます。

たわしでゴシゴシ・・・・日本が誇る万能の布こと雑巾が墓石掃除には一番です。

お参りで常識と思っていたあの行為・・・・その後にやるべき事があります。

墓石の水垢がひどくなる本当の原因

水
現代の墓石は表面を自分の姿が映るくらいに磨き上げた鏡面加工を施していることで、あたかも汚れなど全く付かないと思われている方も多いようです。しかし実際は表面に微細な穴があり、水が出入りしているものなのです。

その為、小まめにお参りに来てキレイにしているつもりでも長年使っていると水垢は少しずつ付着していくものなのです。

又、間違った方法で墓石掃除をすると余計に水垢が付く原因にもなります。正しい方法で管理する事によって新品当時の輝きを長期間持続する事も可能なのです。

納骨難民の皆様お待たせしました!この「納骨墓」で永年の悩みが解消されます

近年は少子高齢化が進み跡継ぎ不在や遠方でお参りが出来ないなどからお墓の引っ越し(改葬)が増えています。

その受け入れ先として人気なのが駅近ので便利なビル型納骨墓と言われるものです。

しかしビル型納骨堂はいずれ建物の建て替えが必要となり永続性が求められるお墓としては問題があります。

又、新たにお墓が必要になった方々も様々な問題を抱えています。

・公営霊園の抽選にまた外れた!どうすればいい?
・都内の霊園は高過ぎて手が出ない
・現在のお墓は遠方過ぎて不便
・跡継ぎがいないから墓じまいを考えなくては・・・
・公営霊園は当選しないし、民営霊園は高いし、寺院墓地も高く亡くなった父を納骨する場所が無い
・散骨もビル型納骨堂も将来が不安
・お墓は諦めたので遺骨が自宅にある
・いずれ車の運転できなくなるから家近くにお墓が欲しい

今後高齢者が激増する中、多死社会となるのですが、お墓が欲しい者とお墓を供給する者の意識の相違から納骨したくても出来ない「納骨難民」が激増する事になります。


多くの納骨難民の方が思うお墓像は

出来るだけ安く

出来るだけ自宅近く

いつまでも安心できる

この3点なのです。

「そんな都合の良いものなんてある訳ない」

と思うかもしれませんが、

有ります!

納骨難民の切なる想いにお答えし、解決する方法が

「納骨墓」

です。

この「納骨墓」を選ぶ事により

・理想のお墓を求める事が出来スッキリ!
・お墓の悩みが解決できスッキリ!
・遠方に暮らす子供に負担をかける事が無くなりスッキリ!
・嫁に行った一人娘もこれで安心スッキリ!

詳しくは下記リンクをクリックしてください。
↓  ↓  ↓

リンクボタン


永年のお墓の悩みを解消する事が「納骨墓」で出来るはずです。