お参り

お彼岸は年二回のお墓参りの期間です。
よくお彼岸のお墓参りはいつ?いつまでに行けば?と聞かれますが、その答えとしてはいつ行ってもかまわないと言う事です。
何故ならお彼岸はお中日の3日前が彼岸入り、お中日の3日後が彼岸明 ...

お参り

日本人が大好きな物に縁起があります。茶柱が立つと縁起が良い、大安吉日は宝くじを買うなど普段から縁起を生活の色々な場面で使用しています。しかし現代で言う縁起はほとんどの場合(ジンクス)の意味で使われている事がほとんどです。
本来 ...

お参り

お彼岸って何?と聞かれわかり易く答える事は出来ますか?
子供は色々な事を唐突に聞いてくるものです。そんな時すらすらと答える事が出来れば親の威厳が保てると言うものです。
そんな子供の疑問にわかり易いように説明できるような ...

お参り

秋のお彼岸の頃になると必ず咲くのが彼岸花です。
死人草、地獄草、幽霊草などありがたくない別名がたくさんありその色と形も相まって不吉なイメージがある彼岸花ですが、決して不吉な花ではないのです。葉と花が同時に存在しないことから葉見 ...

お盆

仏前のお供えは五供が基本になります。その五供の中でも燈燭にあたるのがローソクの明かりです。
昔は白いストレートなローソクしかありませんでしたが現在では形も香が飲み物や食べ物そっくりなローソクがあります。
それがローソク ...

お参り

日本のお墓参りの伝統的文化として年2回春分の日と秋分の日のお彼岸があります。
普段お墓参りに行けない方でもお彼岸だけはお墓参りに行かれる方は多いのではないでしょうか。
お彼岸のお墓参りにはいつ、どこに、何を持って、どの ...

お参り

お彼岸は先祖供養の期間と思われている方が多いようですが、先祖供養の他に六波羅密の修行を行う期間とされています。
その中の一つの布施には財を施すという意味もありますがなにもそれだけではなく無財の七施というものがあります。

お参り

日本独特の文化として春と秋の年2回お彼岸があります。

お彼岸はそれぞれ春分の日と秋分の日にあたりますので、真東から昇った太陽が真西に沈むことで、西にある遥か彼方の彼岸におられるご先祖様を偲びます。

...

お参り

お彼岸やお盆のお墓参りや仏壇に欠かせないものと言えば線香です。
お墓や実家の仏壇にいく事が出来るのならばいいのですが、行けずに何かお供物を送る場合はお菓子だけでなくお線香もいいものです。
しかし香りには人それぞれ好みが ...

お参り

お彼岸にはご先祖様のお供えとしてぼたもちを手作りしお墓参りにお持ちになる方も多いかと思います。
一般的に春はぼたもち秋はおはぎと呼び名が変わりますが、ほとんど同じものです。
ぼたもちは牡丹の花の形からぼたもちと呼ばれて ...