お墓参りは感謝の気持ちを伝える為のもの。思い立ったらすぐに

お墓参りの基本は、思い立ったが吉日という言葉があるようにお参りに行こうと思った時に行くのが良いのです。お墓参りに悪い日などありません。

最近の霊園は生花やお線香などを販売している所が多く、手ぶらで気軽に行けるようになっています。

お墓参りは感謝の気持ちを伝える為のもの。思い立ったらすぐにの記事をご覧いただきありがとうございます。セイクredです。

この記事ではお墓参りの基本的な考え方とお参りの仕方に関しての過去記事のまとめとなっております。

せっかくキレイな花を 少しでも長持ちさせたいと思うのは当たり前ですが

  • お線香に火を付けるライターが固くて付けられない
  • 年末にお参りをする意味は?
  • お正月にお墓参りに行くのは縁起が悪いの?

以上の内容となっておりますので日頃のお墓参りの意味を再認識していただければと思います。

目次

お墓参りの生花

お墓参りに必要なものと言えばお香、お供物、橙燭、水そして花です。花といっても宗派によって違っており、学会でははしきみを神道は榊を使用します。

生花を長持ちさせる方法を聞かれますが、お墓の花立はそれほど水が入らないのでいわゆる長持ちグッズはあまり意味がありません。

それよりも小まめにお墓参りに訪れることが大事になります。

お墓参りで線香に火を付けるのはいつも大変

お墓参りには絶対に忘れてはいけないものがお線香です。皆さんはこのお線香に何で火を付けていますか?多くはライターなのではないでしょうか。

しかし100円ライターなどの主な使用法はタバコなど短時間で火が付くものを想定しているので、中々火が付かない線香の束では変形や故障の原因ともなってしまします。

しかも子供のいたずら防止を目的としたCR機能はとにかく硬くお年寄りが火を付けられないのです。

年末にお墓参りする意味は?

お墓参りには時期などありません。1年365日新しい生命が誕生している反面365日どこかで人生の終焉を迎えている方がいらっしゃいます。
クリスマスに亡くなる方も、元旦に亡くなる方もいるのです。

その命日にはお参りに行きたいと思うのが普通ですから通常霊園は365日お参りが出来るようになっています。

そして年末も意外とお墓参りされる方が多いのです。

家の大掃除を終わらせたら一年無事過せた事を御先祖様に感謝、報告する為です。

正月にお墓参りに行くのは縁起が悪い?

お正月は一年の始まりでありテレビを付けると「あけましておめでとうございます」の言葉が飛び交います。

そんなめでたい正月にお墓参りに行ってはいけないものなのでしょうか?

日本の歴では1月は睦月と言いい、文字通り一同が仲良く睦ましく過ごすべき期間の事を言いますので親戚、兄弟一同集まったら皆で仲良く睦ましくお墓参りにいく事はけっして悪い事ではありません。

お墓参りの基本は行こうと思い立った時に行くことです。

納骨難民の皆様お待たせしました!この「納骨墓」で永年の悩みが解消されます

近年は少子高齢化が進み跡継ぎ不在や遠方でお参りが出来ないなどからお墓の引っ越し(改葬)が増えています。

その受け入れ先として人気なのが駅近ので便利なビル型納骨墓と言われるものです。

しかしビル型納骨堂はいずれ建物の建て替えが必要となり永続性が求められるお墓としては問題があります。

又、新たにお墓が必要になった方々も様々な問題を抱えています。

・公営霊園の抽選にまた外れた!どうすればいい?
・都内の霊園は高過ぎて手が出ない
・現在のお墓は遠方過ぎて不便
・跡継ぎがいないから墓じまいを考えなくては・・・
・公営霊園は当選しないし、民営霊園は高いし、寺院墓地も高く亡くなった父を納骨する場所が無い
・散骨もビル型納骨堂も将来が不安
・お墓は諦めたので遺骨が自宅にある
・いずれ車の運転できなくなるから家近くにお墓が欲しい

今後高齢者が激増する中、多死社会となるのですが、お墓が欲しい者とお墓を供給する者の意識の相違から納骨したくても出来ない「納骨難民」が激増する事になります。


多くの納骨難民の方が思うお墓像は

出来るだけ安く

出来るだけ自宅近く

いつまでも安心できる

この3点なのです。

「そんな都合の良いものなんてある訳ない」

と思うかもしれませんが、

有ります!

納骨難民の切なる想いにお答えし、解決する方法が

「納骨墓」

です。

この「納骨墓」を選ぶ事により

・理想のお墓を求める事が出来スッキリ!
・お墓の悩みが解決できスッキリ!
・遠方に暮らす子供に負担をかける事が無くなりスッキリ!
・嫁に行った一人娘もこれで安心スッキリ!

詳しくは下記リンクをクリックしてください。
↓  ↓  ↓

リンクボタン


永年のお墓の悩みを解消する事が「納骨墓」で出来るはずです。